疲れを感じているのなら疲労回復効果のあるサプリメントを飲もう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 気になる手の血管

気になる手の血管

ハンド

病気ではないけど

手の甲や、腕の血管が浮き出て、目立ってしまう状態のことをハンドベインと言い、病気ではありませんが、気になってしまう方がたくさんいるようです。ハンドベインは個人差があり、青緑が明確にわかる方もいて、気にしすぎて痛みが発生することもあります。肌の弾力の元になる真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が年齢と共に減少し、肌細胞を作り出す力が衰えることがハンドベインの原因と言われています。年齢を重ねることで、肌が薄くなる速度が増し、その影響で脂肪層が薄くなってしまい、血管がはっきり見えるようになります。特に女性に多く見られる症状で、20代から30代の間に女性ホルモンの分泌が減り、ハンドベインが起こりやすくなるようです。他にも、原因として皮膚の老化や紫外線の影響、遺伝の問題などが挙げられています。

どうしても気になる方は

ハンドベインの症状は、専門のクリニックでレーザー治療することが可能で、最近は治療を受ける人が増加しています。最新のレーザー治療で、血管内に針を入れてレーザーを照射し、血管を細く収縮させます。レーザー用の針は採血用の針よりも少し太いくらいなので、傷跡も特に目立ちませんし、身体への負担が少ないようです。血管内のレーザー治療は、太い血管も含め、浮き出ている血管を目立たなくさせることができ、約1時間ほどで終了してそのまま帰宅できます。その他にも体外照射タイプのレーザー治療や、硬化療法でハンドベインを治すことができます。専門のクリニックの医師に相談し、詳しい内容を確認の上、治療を行うことをお勧めします。